【 2/1開催】仙台:2020年に向けたWi-Fi整備・利活用推進会議

◆東日本会場
日時:平成30年2月1日(木)12:00~17:00(予定)
場所:仙台国際センター 2F展示棟 展示室1 (宮城県仙台市青葉区青葉山無番地)

◆開催趣旨◆
総務省は2016年12月、「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」を策定・公表しました。現在この計画に基づき、2019年度までに防災拠点等約3万箇所における整備を地方公共団体等と連携 しながら推進しています。

本会議では、地方公共団体の規模やWi-Fi活用の分野に応じた整備・利活用事例の紹介に加え、 Wi-Fi関連の技術展示やパネルディスカッションを行うことにより、2020年に向けたWi-Fi環境の全国 整備をより一層推進することを目的に開催します。

◆プログラム◆
1)基調講演
2020年に向け全国約3万箇所のWi-Fi整備を目指して(仮題)
総務省情報流通行政局 地域通信振興課長 加藤主税 氏

2)事例発表
・教育部門:国立大学法人 東京学芸大学 教育学部
教育学講座 准教授 高橋 純 氏
・観光部門:香川県高松市 創造都市推進局
文化・観光・スポーツ部 観光交流課
課長補佐 吉峰 秀樹 氏
・小規模自治体部門:岩手県下閉伊郡田野畑村
政策推進課 江藤 俊彦 氏

3)パネルディスカッション
Wi-FiなどのICTを活用した「地域活性化」について(仮題)
・モデレーター:夏野 剛 氏
(慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授)
・パネリスト:総務省、事例発表3団体

◆お問い合わせ先◆
2020年に向けたWi-Fi整備・利活用推進会議事務局
Email:event-wi-fi@applet-inc.com
受付時間:10:00~17:00(土日・祝日を除く)
※年末年始休業期間:2017年12月27日~2018年1月8日


お申し込みは
https://event-wi-fi.smktg.jp/public/application/add/42

詳細は↓の開催案内をご覧ください。
http://www.icr.co.jp/press/news20171212.pdf

 

 

広告

【執筆】日経BP ITpro「情総研レポート」一覧(2017年)

 

【コメント】楽天が「携帯キャリア」に参戦できる深い理由 「菅官房長官に何度も迫っていた」との話も

弊社研究員のコメントが掲載されました。

岸田重行上席主任研究員

岸田重行上席主任研究員

[タイトル]楽天が「携帯キャリア」に参戦できる深い理由 「菅官房長官に何度も迫っていた」との話も
[媒体名]東洋経済ONLINE(2017年12月21日 )
[対応者]情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)

国内外の通信業界に詳しい情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員は、「海外ではかつて第4の事業者が出てくるように規制当局が誘導したことがある。競争を促進し市場の効率性を上げるためだったが、4社目の経営が苦しくなり、3社の牙城を崩すには至らなかった。巨大市場を誇る米国といえども4位のスプリントは苦戦している」としたうえで、「既存の大手3社と同じことをしていては立ち行かない。楽天はビジネスモデルを相当工夫せざるをえないのでは」と指摘する。

 

【執筆】テレワーク普及の壁とは

レポートが掲載されました。

國井昭男主任研究員

國井昭男主任研究員

[タイトル] テレワーク普及の壁とは
[掲載紙] 下野新聞(2017年12月17日)
[対応者]情報通信総合研究所 主任研究員 國井昭男(研究員紹介)

【執筆】世界を席巻する黒船「MaaS」が本格上陸へ、日本の自動車業界に迫る決断の時

吉岡佐和子の連載がMonoistに掲載されました。

[タイトル]Future Mobility Summit 2017レポート:
世界を席巻する黒船「MaaS」が本格上陸へ、日本の自動車業界に迫る決断の時
[掲載サイト]MONOist(2017年11月27日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

[タイトル]TU-Automotive Japan 2017レポート:
自動車大国日本が誇る「つながるクルマ」は何が間違っているのか
[掲載サイト]MONOist(2017年11月10日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子