【コメント】忘れられる権利について

中島美香研究員

中島美香研究員

忘れられる権利について、弊社研究員のコメントが読売新聞に掲載されました。

[タイトル][探]サル“自分撮り”写真 著作権は誰のもの?
[掲載紙] 読売新聞(2014年11月2日 大阪本社朝刊)
[対応者] 情報通信総合研究所 中島美香 研究員

情報通信総合研究所(東京)の中島美香研究員は「忘れられる権利は検索エンジンで『探されない権利』と言い換えることもできる」と説明。「今回の事件が画期的なのは東京地裁の決定を米グーグルが受け入れ、削除に応じている点だ」といい、今後の課題としては「検索エンジンの利用者の知る権利、あるいは表現の自由とのバランスの確保」を挙げている。(読売新聞 2014年11月2日 大阪本社朝刊より引用)

広告

コメントは受け付けていません。