【コメント】IT捜査に国境の壁 海外サーバー対応苦慮 専門家「ルール確立を」

海外に設置されたサーバへの捜査権に関する記事において、弊社主席研究員のコメントが掲載されました。

小向太郎主席研究員

小向太郎主席研究員

[タイトル]IT捜査に国境の壁 海外サーバー対応苦慮 専門家「ルール確立を」
[掲載紙]神奈川新聞(2015年10月4日)
[対応者]情報通信総合研究所 主席研究員 小向太郎(研究員紹介)

情報通信総合研究所の小向太郎・主席研究員(法学)は海外サーバーへの強制捜査は現行法上問題があるという見解が主流としつつ、「サイバー空間でどのような捜査が国家主権の侵害になるか、現在のところ明確な国際的合意があるわけではない」と指摘。その上で、「国外のサーバーに対する迅速な捜査が必要であれば、国際社会の理解を得つつルールを確立すべきだ」と話している。
神奈川新聞(2015年10月4日)より引用

広告

コメントは受け付けていません。