【コメント】有害情報の基準作り必要

犯罪などの過激投稿がネット上に投稿されている現状について取り上げた記事において、弊社研究員のコメントが掲載されました。

生貝直人

研究員 生貝直人

[タイトル]有害情報の基準作り必要
[掲載紙] 日本経済新聞(2017年11月14日, 11ページ デジタルトレンド面)
[対応者]情報通信総合研究所 研究員 生貝直人(研究員紹介)

海外のプロバイダーには規制が及ばず、各サイトの裁量に任されている側面がある。投稿内容を削除した場合、憲法で保障された表現の自由との兼ね合いも問題となる。情報通信総合研究所の生貝直人研究員は「今後、運営者側が国や利用者と対話しながら、何が有害かの基準を作っていくことが必要だ」と提言する。

本記事は、電子版でもご覧いただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2341548013112017TJQ000/

広告

【執筆】競争が激化するネット動画配信事業

以下、寄稿しました。

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

タイトル]競争が激化するネット動画配信事業 求められるコンテンツの差別化
[掲載誌] 民放(2017年11月号)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

【掲載】ヨーロッパに「ソーハラ」はあるのか?

研究員へのインタビューが掲載されました。

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

[タイトル]ヨーロッパに「ソーハラ」はあるのか?  「オフラインになる権利」の背後にある働き方の違い
[掲載誌] POSEE(2017年9月)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

【コメント】Japan may be complicating EU adequacy riding through CBPR membership, expert says

生貝直人

研究員 生貝直人

[タイトル]Japan may be complicating EU adequacy riding through CBPR membership, expert says
[掲載先] MLex(2017年11月1日)
[対応者]情報通信総合研究所 研究員 生貝直人(研究員紹介)

On the other hand, Naoto Ikegai, a consultant at InfoCom Research, a think-tank in Tokyo, said that Japan’s PPC should seek approval from EU on current international data transfer system including the CBPR. The broad prohibition on onward transfer could complicate the operation of companies, the said, because many companies store personal data in could servers outside Japan and the EU, “Japan should explain that CBPR is valid data-protection regime, “ he said. 「MLex」(2017年11月17日)より引用