【コメント】オンライン会議、全員参加で議論深く

テレワークに関する弊社研究員のコメントが掲載されました。

[タイトル] オンライン会議、全員参加で議論深く
[掲載紙] 日本経済新聞(2018年8月28日・夕刊)
[対応者]情報通信総合研究所 主任研究員 國井昭男(研究員紹介)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34631410X20C18A8EAC000/

テレワークの事情に詳しい情報通信総合研究所の国井昭男主任研究員は「実務的な情報交換の大半はオンライン会議で可能だ。一方、職場での打ち解けたやりとりはオンラインだけでは難しく、社内SNS(交流サイト)のチャットサービスなどで補うのがお勧めだ」と話す。(日本経済新聞, 2018年8月28日・夕刊より引用)

広告

【執筆】韓国が週52時間勤務制度を導入〜変わる「スマートワーク」〜

韓国における新たな雇用の創出について寄稿しました。

[タイトル]韓国が週52時間勤務制度を導入〜変わる「スマートワーク」〜
[掲載紙]NTT労働組合 機関誌「あけぼの」(2018年7-8月号)
[執筆者]情報通信総合研究所 主任研究員 亀井悦子(研究員紹介)

(協賛)SHARE SUMMIT / SHARING DAY 2018

情報通信総合研究所は、シェアリングエコノミーの最先端・未来予測を議論するビジネスカンファレンス「SHARE SUMMIT / SHARING DAY 2018」(一般社団法人シェアリングエコノミー協会主催)に協賛しております。

SHARE SUMMIT 2018
https://sharing-economy.jp/ja/summit/summit2018/

SHARING DAY SHIBUYA
https://sharing-economy.jp/ja/summit/sds2018/

【掲載】IoTモノがネットにつながる

弊社研究員が巻頭特集の監修監修、ナビゲーターとして登場しました。

吉岡佐和子 副主任研究員

吉岡佐和子 副主任研究員

[件 名]IoT モノがネットにつながる
[雑誌名]月刊Newsがわかる(2018年9月号)
[執筆者]情報通信総合研究所 主任研究員 吉岡佐和子(研究員紹介)