【掲載】【後編】「ローカル5G」と「普通の5G」の違いは何か?

「ローカル5G」を解剖する(TechTarget Japan)に、弊社岸田のコメントが掲載されました。

「ローカル5G」を解剖する

記事名:【後編】「ローカル5G」と「普通の5G」の違いは何か?
媒体名:TechTarget Japan(2019年9月26日)
対応者:情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)

https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1909/27/news11.html

ミリ波に備わる高い直進性という性質を考えると、ローカル5Gは工場のようにさまざまな装置を設置している環境のネットワークには適さないのではないか、という印象を受ける人もいるだろう。5Gの動向に詳しい情報通信総合研究所(ICR)の岸田重行氏によれば「その特性が企業にとっては利点になる可能性がある」という。「セキュリティの観点で利用エリア以外に電波を漏らしたくない」という企業の要望があるためだ。

工場内など壁に仕切られたエリアであれば、ローカル5Gはミリ波の特性を利用することで、その敷地内だけに電波を閉じ込めておける可能性が高くなる。「敷地内でどのように電波を到達させるかはアンテナの配置次第。なるべく死角がないように設置する工夫は必要になるだろう」(岸田氏)

広告

コメントは受け付けていません。