レポートのオンライン販売を開始しました。

情報通信総合研究所では、研究員によるレポートを広く多くの方にご覧いただけるよう、オンラインカード決済による販売をはじめました。 また、資料購入者様向けのオプションとして、訪問セミナーも別途有料にて実施いたします。

世界の5G動向
〜MWCロサンゼルス2019レポート〜(2020年1月)

https://icr.thebase.in/items/23514744

MWC Los Angelesは、米国で開催されている通信業界(主にモバイル)の大型イベントです。米国大手通信事業者を中心に海外大手機器ベンダやソリューション提供企業等の登壇、ブース展示など、5G展開を積極的に進める米国の状況を把握するための絶好の場となっています。

本レポートでは、2019年10月に開催された同イベントにおける主要トピックをお届けします。

スクリーンショット 2020-03-02 13.24.44

◆目次◆
1. サマリー:MWC LA 2019から考える、5Gの今後の注目点
2. MWC LA 2019 カンファレンス概要および主要トピック
3. トピック1:米国主要通信事業者の5G展開・取組動向
4. トピック2:MEC(マルチアクセス・エッジ・コンピューティング)動向
5. トピック3:ローカル5G/プライベートLTE動向

【期間限定・特別価格】
資料のみ購入 8,000円(税別)
資料を使った訪問セミナー
(資料購入の方向けオプション)10万円(税別)~
※セミナーの詳細は、お問い合わせください

■大きさ:A4横
■ページ:35枚(表紙含む)
■言語 :日本語
■形式 :PDF(印刷不可、複製不可)
※印刷・複製をご希望の方はお問い合わせください。

■作成者:株式会社情報通信総合研究所
岸田重行、中村邦明
https://www.icr.co.jp/

【掲載】子ども服がギフト券に!?

子育て世代とシェアサービスについて、弊社研究員のコメントが掲載されました。

[タイトル]子ども服がギフト券に!?
[掲載誌] NHK NEWS WEB(2019年4月24日)
[対応者]情報通信総合研究所 主任研究員 山本悠介(研究員紹介)

山本悠介

主任研究員 山本悠介

シェアリングエコノミーの調査・分析をしている情報通信総合研究所の山本悠介主任研究員は、次のように話しています。
「不用になったものなどを個人間で売買できるフリマアプリが、近年急速に拡大したことから、若者を中心に“売ることを前提に買う”消費行動が当たり前になりつつある。中でも育児に関するモノのニーズは短期間で変わるので、シェアサービスと親和性が高く、今後、子ども服だけでなくベビーカーなど、ますます拡大することが見込まれる」

【出演】国内外の動画配信サービスの現状と今後の展望

弊社研究員が以下のとおりテレビ番組に出演し、国内外の動画配信サービスについてコメントいたしました。

小川敦

小川敦主任研究員

番組:国際報道2019(BS1ワールドウォッチング)
日時:2019年1月18日(金) 22:00~22:50(22:30頃出演)
内容:国内外の動画配信サービスの現状と今後の展望についてのコメント
出演:情報通信総合研究所 主任研究員 小川敦(研究員紹介)

番組ホームページ
ttp://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/index.html

【執筆】海外企業を買う フットロッカー

以下のレポートが掲載されました。

清水憲人主任研究員

清水憲人主任研究員

[タイトル]海外企業を買う フットロッカー
[掲載誌]週刊エコノミスト(2019年1月1・8日合併号)
[執筆者]情報通信総合研究所 主任研究員 清水憲人(研究員紹介)

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190108/se1/00m/020/046000c

【登壇】2018年度秋季(第39回)情報通信学会大会

2018年度秋季(第39回)情報通信学会大会において、弊社研究員が報告者として登壇しました。

神野 新 主席研究員

神野 新 主席研究員

「2018年度秋季(第39回)情報通信学会大会」
日時 :2018年11月17日(土)10:30〜16:30
場所 :東京大学 駒場IIキャンパス
登壇者:情報通信総合研究所 主席研究員 神野新(研究員紹介)

地域メディアプラットフォーム研究会
「メディア・ローカリズムの新次元─地域 ニュースの公共的使命」
報告者:神野新(情報通信総合研究所)
:上原伸元(東京国際大学)
:趙章恩(東京大学)
司 会:菅谷実(白鴎大学)

開催概要
http://www.jsicr.jp/operation/taikai/index.html

プログラム
http://www.jsicr.jp/doc/taikai2018/2018fallprogram.pdf