【寄付講座】琉球大学「情報と観光政策」を開設

 

来る2019年2月12日〜15日の3日間、NTTグループにおける取り組みのひとつとして、琉球大学において「情報と観光政策」をテーマとした集中講座を開設いたします。

観光人材育成にあたっては、近年目覚ましい発展を遂げているICT(情報通信技術)の活用が重要なテーマとなっています。現在、多量性や多種性、リアルタイム性などの特徴を持つビッグデータの分析に基づく政策立案が進んでおり、大学教育においても最新の取組を学ぶ必要性が高まっております。

講座期間中は設定テーマに関する専門家として、弊社研究員も他のNTTグループ企業とともに「情報と観光政策」の現状や課題について詳しくお伝えする予定です。

なお、この集中講座はNTTグループによる寄付講座で、弊社が代表幹事を務めております。

※本講座の模様は2月15日以降、弊社公式Twitter及びFacebookページホームページ等にてお伝えする予定です。

開講テーマ:「情報と観光政策」
実施期間 :2019年2月12日〜15日の3日間
開講学部 :琉球大学観光産業科学部観光科学科
授業計画 :全15回コマ(ディスカッションや、学生による発表等も含む)

情報通信総合研究所からの講師は以下のとおり

 三浦大典(研究員紹介)
   社会公共コンサルティング部上席主任研究員

 松原徳和(研究員紹介)
   社会公共コンサルティング部主任研究員

 鹿戸敬介(研究員紹介)
   社会公共コンサルティング部主任研究員

(参考サイト)
https://tiglon.jim.u-ryukyu.ac.jp/Portal/Public/Syllabus/SyllabusSearchStart.aspx?lct_year=2018&lct_cd=900280002&je_cd=1

広告

【登壇】LPWAの魅力と今後の可能性

「第48回日本データ通信協会ICTセミナー」(2018年9月18日開催)において、弊社研究員が「LPWAの魅力と今後の可能性」について講演をしました。

岸田重行上席主任研究員

岸田重行上席主任研究員

イベント名:第48回日本データ通信協会ICTセミナー(2018年9月18日開催)
講演内容 :PWAの魅力と今後の可能性
登壇者  :情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)

講演内容は以下URLに詳しく掲載されております。
https://www.dekyo.or.jp/info/2019/01/seminar/lpwaの魅力と今後の可能性/

【掲載】成長するネットフリックス 米国の通信・映像市場を説明

米国主要通信キャリアに関する報道人向け勉強会を実施し、以下のとおり取り上げられました。

清水憲人主任研究員

清水憲人主任研究員

[タイトル] 成長するネットフリックス 米国の通信・映像市場を説明
[掲載紙] 通信興業新聞(2018年12月10日)
[講師]  情報通信総合研究所 主任研究員 清水憲人(研究員紹介)

【登壇】AIは社会を変えるか

松原徳和

松原徳和 副主任研究員

弊社研究員が、2018年度現代社会総合研究所シンポジウム「AIは社会を変えるか」に登壇いたします。
[登壇者]株式会社情報通信総合研究所 主任研究員 松原徳和(研究員紹介)
[内容]2018年度現代社会総合研究所シンポジウム「AIは社会を変えるか」
[日時]2018年12月1日(土) 14時00分~17時30分(開場13時30分)
[会場]東洋大学白山キャンパス8号館7階125記念ホール
以下URLに詳細が掲載されていますので、ご覧ください。

 

【掲載】農業者の所得増大に向けたコスト・省力化栽培技術について

さる10/31、秋田県種苗交換会において弊社研究員が登壇した内容が、日本農業新聞に掲載されました。

古川恵美

研究員 古川恵美

記事名:農業者の所得増大に向けたコスト・省力化栽培技術について
掲載紙:日本農業新聞(2018年11月10日)
登壇者:情報通信総合研究所 研究員 古川恵美(執筆記事一覧)

「水田センサー、自動給水栓、広域無線通信網の低コスト化を図り、秋田県の農業経営体で実証実験し、導入効果やコスト評価を行っている。
規模拡大が必ずしも効率化につながっていない。水田センサーを入れると効果があると考えている。水管理の際は水位のチェックとともに生育状況の確認、雑草の確認などいろんな作業をしている。水田センサーに任せることで生育状況をしっかりと見るようになったと利用者から聞いている。省力化以外にも、経営効果
が見込めるのではないかと思っている。」(日本農業新聞、2018年11月10日より引用)