【掲載】農業者の所得増大に向けたコスト・省力化栽培技術について

さる10/31、秋田県種苗交換会において弊社研究員が登壇した内容が、日本農業新聞に掲載されました。

古川恵美

研究員 古川恵美

記事名:農業者の所得増大に向けたコスト・省力化栽培技術について
掲載紙:日本農業新聞(2018年11月10日)
登壇者:情報通信総合研究所 研究員 古川恵美(執筆記事一覧)

「水田センサー、自動給水栓、広域無線通信網の低コスト化を図り、秋田県の農業経営体で実証実験し、導入効果やコスト評価を行っている。
規模拡大が必ずしも効率化につながっていない。水田センサーを入れると効果があると考えている。水管理の際は水位のチェックとともに生育状況の確認、雑草の確認などいろんな作業をしている。水田センサーに任せることで生育状況をしっかりと見るようになったと利用者から聞いている。省力化以外にも、経営効果
が見込めるのではないかと思っている。」(日本農業新聞、2018年11月10日より引用)

広告

【登壇】SHARING DAY SHIBUYA 2018

2018年9月8日、シェアリングエコノミーの祭典
「SHARING DAY SHIBUYA 2018」が開催され、
弊社研究員が登壇しました。

その様子が掲載されました。

[タイトル]「あなたは何芸人?」趣味やスキルがお金になるシェアリングエコノミー時代の歩き方 #sharingday2018
[媒体] SoloPro(2018年9月8日)
[登壇者]情報通信総合研究所 主任研究員 山本悠介(研究員紹介)

http://solopro.biz/sharingday2018/

【登壇】IoTデータ取引ビジネスの最新動向

弊社研究員が以下フォーラムで講演します。

開催名:マルチメディア推進フォーラム PART765
テーマ:「IoTデータ取引ビジネスの最新動向(その2)」
開催日:2018年6月27日(水) 13時00分~17時00分

松原徳和

松原徳和 副主任研究員

講演名:「IoTが実現する社会の新しい見え方・見せ方」
―コネクタブル、アクセシブルからメジャラブルへ―
●事例紹介
-イベントの来訪者と経済効果把握
-IoTを活用したRESASデータ 等
●IoTが実現する社会の新しい見え方・見せ方

講 師:株式会社情報通信総合研究所 副主任研究員 松原徳和(研究員紹介)

フォーラム概要、お申し込みはこちら
http://www.ahri.co.jp/business/forum/info/part765/

【登壇】NTT沖縄ICTソリューションフェア2018

「ICTソリューションフェア2018」(NTT沖縄主催)が2018年5月24・25日の両日、沖縄産業支援センターで開催され、防災、WiFi活用などの最新機器が展示され、セミナーには弊社研究員も登壇しました。その模様が、以下のとおり掲載されました。

情報通信総合研究所 三浦大典

上席主任研究員 三浦大典

件名:データの公開が重要 NTT沖縄のICTソリューションフェア2018
AI・ビッグデータで遠藤・下地両教授が講演
媒体:観光とけいざい(2018年6月1日)

弊社からの登壇者
株式会社情報通信総合研究所  上席主任研究員 三浦大典(研究員紹介)

昨年のフェアに関するお知らせはこちらをご覧ください
https://icrpr.wordpress.com/?s=ICTソリューションフェア

【登壇】国内外5Gの最新動向と映像配信

来る5月16日、放送・メディア・著作権関連のセミナーにおいて、弊社研究員が講師を務めます。

5G、IoT時代のケーブルテレビ 地域BWAへの挑戦
~国内外・5Gと映像配信の最新動向、地域2社の取組み~

[開催日] 2018年 5月16日(水)
[講演内容]国内外5Gの最新動向と映像配信
[登壇者] 株式会社情報通信総合研究所 研究員 水上貴博(研究員紹介)

詳細、お申し込み方法は、
新社会システム総合研究所のセミナー開催概要をご覧ください。
http://www.telesa.or.jp/committee/mvno_new/mobile_forum_2018