【掲載】【後編】「ローカル5G」と「普通の5G」の違いは何か?

「ローカル5G」を解剖する(TechTarget Japan)に、弊社岸田のコメントが掲載されました。

「ローカル5G」を解剖する

記事名:【後編】「ローカル5G」と「普通の5G」の違いは何か?
媒体名:TechTarget Japan(2019年9月26日)
対応者:情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)

https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1909/27/news11.html

ミリ波に備わる高い直進性という性質を考えると、ローカル5Gは工場のようにさまざまな装置を設置している環境のネットワークには適さないのではないか、という印象を受ける人もいるだろう。5Gの動向に詳しい情報通信総合研究所(ICR)の岸田重行氏によれば「その特性が企業にとっては利点になる可能性がある」という。「セキュリティの観点で利用エリア以外に電波を漏らしたくない」という企業の要望があるためだ。

工場内など壁に仕切られたエリアであれば、ローカル5Gはミリ波の特性を利用することで、その敷地内だけに電波を閉じ込めておける可能性が高くなる。「敷地内でどのように電波を到達させるかはアンテナの配置次第。なるべく死角がないように設置する工夫は必要になるだろう」(岸田氏)

広告

【掲載】「ローカル5G」とは? Wi-Fi 6やLPWAとの違いを整理

「ローカル5G」を解剖する(TechTarget Japan)に、弊社岸田のコメントが掲載されました。

「ローカル5G」を解剖する

記事名:【前編】「ローカル5G」とは? Wi-Fi 6やLPWAとの違いを整理
媒体名:TechTarget Japan(2019年9月20日)
対応者:情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)

https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1909/18/news03.html

無線サービスの進化や市場動向に詳しい情報通信総合研究所(ICR)の岸田重行氏によれば、「セルラーの電波を自営のネットワークとして利用したいというニーズは、以前にも企業の間にあった」という。

【掲載】ドコモやKDDI「遠隔操作」でヒト・モノをシェア ついに実用域へ

弊社研究員が取材を受けた内容が、以下のとおり記事として掲載されました。

タイトル:ドコモやKDDI「遠隔操作」でヒト・モノをシェア ついに実用域へ
掲載誌 :日経クロストレンド(2019年9月19日)
対応者 :情報通信総合研究所 主任研究員 山本悠介(研究員紹介)
情報通信総合研究所 主任研究員 中村邦明(研究員紹介)

記事はこちらから購読可能です。
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00202/00009/

 

【掲載】”泥臭い営業”が不要になるITツールの驚異

MA(マーケティング・オートメーション)について取材を受けた記事が、
以下のとおり掲載されております。

[件名] ”泥臭い営業”が不要になるITツールの驚異
NTT、NEC、富士通など大手が導入済
[掲載誌]PRESIDENT(2019年7月19日号)
[対応者]株式会社情報通信総合研究所 主任研究員 水野秀幸(研究員紹介)

Web版は、以下URLよりご覧いただけます。
https://president.jp/articles/-/29214

PRESIDENT(2019年7月19日号)より引用

情報通信総合研究所の水野秀幸主任研究員はこう説明する。
ITが、企業の営業活動の強力な支援ツールになる。(PIXTA=写真)
「マーケティング活動全般をオートメーション化するのではなく、①見込み客の発掘、②見込み客を顧客へと育成――といった活動に最新テクノロジーを用いることを意味します」
(中略)
「MAの場合は、名刺交換した相手にメルマガを送信し、受け取った側のリアクションに応じた営業活動が可能。メルマガに貼り付けたURLをクリックしたり、資料をダウンロードしたりした相手に的を絞って営業活動を展開できます」(水野氏)

【掲載】シェアリングエコノミー 領域のカオスmap

2019年4月9日、シェアリングエコノミー協会と共同で行った調査結果に関する報道発表を行いました。
その調査結果が、シェアリングエコノミー協会による「シェアリングエコノミー 領域のカオスmap」に引用されました。

[名称]  シェアリングエコノミー 領域のカオスmap
[掲載場所]シェアリングエコノミー協会のホームページ

 

【報道発表】シェアリングエコノミー経済規模は過去最高 1兆8,000億円超え、30年には11兆円と予測
生活の充実度や幸福度向上にも寄与〜シェアリングエコノミー協会、
「シェアリングエコノミー市場調査 2018年版」を発表〜
(2019年4月9日)
https://www.icr.co.jp/press/press20190409.pdf