【執筆】脆弱性を放置しないことが最大の防御

研究員のレポートが掲載されました。

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

[タイトル]脆弱性を放置しないことが最大の防御
(ビル経営に不可欠になったサイバー攻撃対策)
[掲載誌] 週刊ビル経営(第952号 2016年4月4日発行)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤仁(研究員紹介)

広告

【連載⑫】サイバーセキュリティ―

日刊工業新聞にて、「情報通信が拓く未来」を連載しております。
ぜひご覧ください。

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

【連載名】情報通信が拓く未来
[記事名]サイバーセキュリティ―
[掲載紙]日刊工業新聞(2015年3月27日付)
[執筆者]情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

【コメント】ソニーピクチャーズへのサイバー攻撃に関して

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

ソニーピクチャーズへのサイバー攻撃に関して、TBSのニュース番組にてコメント出演しました。

[テーマ]サイバー戦争について
[番組名]Nスタ(TBSテレビ)
[放送日]2014年12月22日
[対応者]情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤仁(研究員プロフィール)

なお、以下サイトに詳細が掲載されております。

“サイバー戦争”状態、ハリウッド俳優 懸念の声相次ぐ(TBS Newsi )

「例えばサイバー攻撃を仕掛けて、国家の重要なインフラのシステムを破壊するとか、それによって人の安全、命にかかわるようなことが起きたら、国家間での戦争に近づくと思う」(情報通信総合研究所 佐藤 仁 副主任研究員)

「次は銀行、重要インフラや政府(機関)にも入り込めるサイバー攻撃を仕掛ける能力があるというシグナルをアメリカに見せつけることになった」(情報通信総合研究所 佐藤 仁 副主任研究員)

「国家と思われるようなところからの攻撃が行われたり、情報窃取がされていると思うので、サイバー戦争というのは、すでに始まっていると考えていいと思う」(情報通信総合研究所 佐藤 仁 副主任研究員)