【コメント】3.3兆円の賭け、孫社長の目線の先にあるもの ソフトバンクが再び挑む主力事業の大転換

ソフトバンクに関する記事に、弊社上席主任研究員のコメントが掲載されました。

岸田重行上席主任研究員

[タイトル]3.3兆円の賭け、孫社長の目線の先にあるもの ソフトバンクが再び挑む主力事業の大転換
[メディア名]東洋経済ONLINE(2016年7月25日)
[講師]情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)

「情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員は「通信事業者の立場ではIoTのエコシステム(複数企業が有機的に結び付き共存共栄する仕組み)を左右するほどの存在感は出しにくい。IoTではスマホとはケタ違いの通信デバイスが使われるのは明らかで、半導体チップというデバイス領域に足場を持つのは合理性がある」と評価する。」

【コメント】スプリントの新プランについてコメント

岸田重行上席主任研究員

岸田重行上席主任研究員

週刊東洋経済に弊社上席主任研究員のコメントが掲載されました。 [タイトル]「瀬戸際」スプリント 撤退阻止への白熱舞台裏 [掲載誌]週刊東洋経済(2014年11月15日号) [対応者]情報通信総合研究所 岸田重行 上席主任研究員

情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員はスプリントの新プランついて、「月額100ドル払う能力があるのはハイエンド層に限られる。それがスプリントに収斂するかどうかは疑問。プランに魅力があっても、売れなければモメンタムは変わらない」と指摘する。(週刊東洋経済 2014年11月15日号 P.47より引用)

ソフトバンクによる米ドリームワークス買収についてコメント

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

週刊東洋経済にコメントが掲載されました。

[タイトル]今度は米アニメ・映画? ソフトバンクに買収観測(ニュース最前線/通信)
[掲載誌] 週刊東洋経済(2014年10月11日号)
[対応者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤仁

米国通信業界の記事にコメント掲載

清水憲人主任研究員

清水憲人主任研究員

週刊東洋経済に、清水憲人主任研究員のコメントが掲載されました。

[タイトル]快走続くTモバイル スプリントは独り負け
[掲載誌] 週刊東洋経済(2014年5月17日号)
[対応者] 情報通信総合研究所 グローバル研究グループ 清水憲人(プロフィール)

ソフトバンクの米国市場攻略についてコメント

ソフトバンクの米国市場攻略について、
弊社上席主任研究員のコメントが掲載されました。

タイトル :「悩めるソフトバンク、綱渡りの米国市場攻略 Tモバイル買収実現に向けロビーイングに乗り出す」
掲載サイト:東洋経済オンライン(2014年3月10日)

対応者 :情報通信総合研究所 岸田 重行(上席主任研究員)→研究員紹介

情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員は「米国では、ネットワーク品質の差がそのまま各社の競争力の差になっている」と指摘する。
(東洋経済オンライン2014年3月10日 P.2より引用)