【掲載】先行する韓国・米国 ファーウェイは苦渋

以下のとおり、日経コンピュータにコメントが掲載されました。

件 名:特集 5G出発進行
先行する韓国・米国 ファーウェイは苦渋
掲載誌:日経コンピュータ(2019年10月17日)
対応者:情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)
情報通信総合研究所 主任研究員 中村邦明(研究員紹介)

「アンテナの設置密度は十分ではないが、3社が競うようにソウルを中心に5Gのエリアを広げている。3社の販売競争も激しい」(情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員)。
情報通信総合研究所の岸田上席主任研究員は「韓国企業が世界の5G市場でシェアを獲得する足がかりとして、政府が自国での普及を支援している」と分析する。
「最も広く展開しているAT&Tワイヤレスでも21都市で、しかもユーザーを限定している。他の3社はいずれも10都市前後の展開であり、提供済みの都市でもサービスエリアは局所的だ」(情報通信総合研究所の中村邦明主任研究員)。

(日経コンピュータ, 2019年10月17日より引用)https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/100700135/100800002/

【執筆】海外企業を買う フットロッカー

以下のレポートが掲載されました。

清水憲人主任研究員

清水憲人主任研究員

[タイトル]海外企業を買う フットロッカー
[掲載誌]週刊エコノミスト(2019年1月1・8日合併号)
[執筆者]情報通信総合研究所 主任研究員 清水憲人(研究員紹介)

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190108/se1/00m/020/046000c

【連載】米国5G最前線

以下のとおり、米国5Gに関する連載が掲載されました。

掲載紙 :電波新聞
掲載期間:2018年12月11日〜14日
執筆者 :株式会社情報通信総合研究所 研究員 水上貴博(研究員紹介)

第一回「サービス化に向かう5G 先行する米国キャリア」
(2018年12月11日掲載)

第二回「ベライゾンは家庭向け 5Gで他社をリード」
(2018年12月12日掲載)

第三回「AT&Tはモバイルを重視」
(2018年12月13日掲載)

第四回(終)「TモバイルUSとスプリント 合併効果を強調」
(2018年12月14日掲載)

【掲載】成長するネットフリックス 米国の通信・映像市場を説明

米国主要通信キャリアに関する報道人向け勉強会を実施し、以下のとおり取り上げられました。

清水憲人主任研究員

清水憲人主任研究員

[タイトル] 成長するネットフリックス 米国の通信・映像市場を説明
[掲載紙] 通信興業新聞(2018年12月10日)
[講師]  情報通信総合研究所 主任研究員 清水憲人(研究員紹介)

【取材】米のネットの中立性 規制緩和進む可能性

弊社研究員への取材記事が掲載されました。

清水憲人主任研究員

[タイトル]エキスパートの視点「米のネットの中立性 規制緩和進む可能性」
[掲載紙]日経産業新聞(2017年4月7日)
[対応者]情報通信総合研究所 主任研究員 清水憲人(研究員紹介)