【コメント】楽天が「携帯キャリア」に参戦できる深い理由 「菅官房長官に何度も迫っていた」との話も

弊社研究員のコメントが掲載されました。

岸田重行上席主任研究員

岸田重行上席主任研究員

[タイトル]楽天が「携帯キャリア」に参戦できる深い理由 「菅官房長官に何度も迫っていた」との話も
[媒体名]東洋経済ONLINE(2017年12月21日 )
[対応者]情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)

国内外の通信業界に詳しい情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員は、「海外ではかつて第4の事業者が出てくるように規制当局が誘導したことがある。競争を促進し市場の効率性を上げるためだったが、4社目の経営が苦しくなり、3社の牙城を崩すには至らなかった。巨大市場を誇る米国といえども4位のスプリントは苦戦している」としたうえで、「既存の大手3社と同じことをしていては立ち行かない。楽天はビジネスモデルを相当工夫せざるをえないのでは」と指摘する。

 

広告

【執筆】ドコモの「ツートップ戦略」がとどめ、日本から携帯電話メーカーが消える日

以下、寄稿しました。

佐藤仁

[タイトル]ドコモの「ツートップ戦略」がとどめ、日本から携帯電話メーカーが消える日
[掲載サイト]日経ITpro(2017年3月22日)
[執筆者]情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

【コメント】携帯3社動画配信に活路

動画配信に関する記事において、弊社副主任研究員のコメントが掲載されました。

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

[タイトル]携帯3社動画配信に活路
[掲載媒体]読売新聞(2017年2月14日)
[対応者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

情報通信総合研究所の佐藤仁・副主任研究員は、「飽きられれば、すぐに解約さえる。常に利用者をひきつける番組を提供する必要がある」と、動画配信の難しさを指摘する。
(読売新聞, 2017年2月14日より引用)

【講演】モバイルフォーラム2016

弊社上席主任研究員が3月16日、「モバイルフォーラム2016」において基調講演を行ないます。また、引き続きパネリストとして登壇いたします。

岸田重行上席主任研究員

岸田重行上席主任研究員

内 容:海外MVNO動向から国内市場を考える(仮称)
日  時:2016年 3月16日(水)13:30~16:30
場  所:日経カンファレンスルーム
主  催:一般社団法人テレコムサービス協会 MVNO委員会

開催案内(申込期限:平成28年3月8日)
http://www.telesa.or.jp/committee/mvno_new/mobile_forum_2016

上のリンクよりお申し込み可能です。

【掲載】dTV、Hulu、Netflix…… スマホの動画サービス、今後はどうなる? – 情報通信総合研究所が解説

マイナビニュースに、弊社研究員が講師を務めた勉強会の記事が掲載されました。

岸田重行上席主任研究員

岸田重行上席主任研究員

[タイトル]dTV、Hulu、Netflix…… スマホの動画サービス、今後はどうなる? – 情報通信総合研究所が解説
[メディア名]マイナビニュース 携帯(2016年2月16日)
[講師]情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)