【登壇】CES報告会 日本経済新聞社主催

弊社副研究員が2月14日、日本経済新聞社主催「CES報告会」でモデレーターを務めました。その模様が同紙に掲載されましたので、お知らせいたします。

吉岡佐和子 副主任研究員

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]「CESはスタートアップの戦場」 日本から6社のみ  起業家ら、都内で報告会
[媒体名]日本経済新聞(2018年2月15日, Web)
[登壇者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

“ CESの事情に詳しい情報通信総合研究所の吉岡佐和子副主任研究員によると、
今年は大企業を含め全体で約4000社が出展した。スタートアップの出展も年々増加しており、
18年は900社超と、13年の9倍に拡大。「特にここ数年はフランスや中国企業が存在感を増している」(吉岡氏)という。”

 

広告

【取材】AIやロボットに注目、OTTに存在感

弊社研究員が今年のCES内容を説明する報道陣向けの勉強会で講師を務めました。

吉岡佐和子 副主任研究員

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]AIやロボットに注目、OTTに存在感 情総研・吉岡研究員が「今年のCESを視察して」
[掲載紙]通信興業新聞(2018年2月12日)
[対応者]情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

 

 

【執筆】「CES 2017」は自動運転車と人工知能のユートピアだった

吉岡佐和子の連載がMonoistに掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]「CES 2017」は自動運転車と人工知能のユートピアだった
[掲載サイト]Monoist(2017年2月7日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

2011年からモーターショー化してきた「CES」。2017年のCESは、ついに「自動運転車と人工知能のユートピア」となった。

【執筆】ターニングポイントを迎えたCESの主役たち

弊社のレポートが、CIAJ Journalに掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]ターニングポイントを迎えたCESの主役たち
[雑誌名] CIAJ Journal(2016年2月号)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子(研究員紹介)

【執筆】混迷するスマートホーム市場、Amazonが静かに存在感を高める3つの理由

吉岡佐和子の連載がMonoistに掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]混迷するスマートホーム市場、Amazonが静かに存在感を高める3つの理由
[掲載サイト]Monoist(2016年1月29日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

家電見本市「CES」において、Panasonicの参入も発表された「スマートホーム」は大きな話題の1つだった。しかしCES不参加の企業が静かにその存在感を増している。Amazonだ。