【コメント】スピーカー「会話型」時代

以下のとおり、弊社研究員のコメントが掲載されました。

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

[タイトル]スピーカー「会話型」時代
[掲載紙名]読売新聞 2017年5月19日

情報通信総合研究所の佐藤仁・副主任研究員は「会話型端末を通じて家電などに自由に指示を出せるようになれば、日本でも急速に普及するかもしれない」と指摘する。

【執筆】犯罪者の逮捕歴をネットから削除すべきか?グーグルが直面した、「忘れられる権利」

弊社研究員のレポートが以下に掲載されました。

中島美香研究員

中島美香研究員

[タイトル]犯罪者の逮捕歴をネットから削除すべきか?グーグルが直面した、「忘れられる権利」
[媒体名] 東洋経済オンライン(2017年2月26日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 研究員 中島美香(研究員紹介)

【執筆】LINE、フェイスブック、グーグルも参入、人口知能で進化 新たなプラットフォームになるチャットボット

日経コミュニケーション2016年11月号に、以下の執筆記事が掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]LINE、フェイスブック、グーグルも参入、人工知能で進化 新たなプラットフォームになるチャットボット
[掲載誌]日経コミュニケーション(2016年11月号)
[執筆者]情報通信総合研究所  副主任研究員 吉岡佐和子(研究員紹介)

【執筆】Google「世界中に無料Wi-Fi」で狙うアレ

弊社研究員の解説レポートが、YOMIURI ONLINEに掲載されました。

佐藤仁

[タイトル]Google「世界中に無料Wi-Fi」で狙うアレ
[掲載紙]YOMIURI ONLINE(2016年10月19日)
[執筆者]情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

【執筆】Google、Facebookはデジタル・デバイド解消の救世主になれるのか

弊社研究員の寄稿が掲載されました。

神野 新 主席研究員

神野 新 主席研究員

[タイトル]Google、Facebookはデジタル・デバイド解消の救世主になれるのか
[掲載紙] NTT労働組合 機関誌「あけぼの」(2016年4月号)
[執筆者] 情報通信総合研究所 主席研究員 神野新(研究員紹介)