【執筆】IoTと製造業の深イイ関係(3):「ナイトライダー」が現実に、音声アシスタントの進化が止まらない

 

吉岡佐和子の連載がMonoistに掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]IoTと製造業の深イイ関係(3):「ナイトライダー」が現実に、音声アシスタントの進化が止まらない

[掲載サイト]Monoist(2016年11月15日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第3回は、IoTと人工知能(AI)との連携によって進化が加速している音声アシスタント機能の動向に迫る。

【コメント】個人情報保護をめぐり大激突 IoTの覇者たちと戦うEU

週刊東洋経済に弊社研究員のコメントが掲載されました。

生貝直人

研究員 生貝直人

[タイトル]個人情報保護をめぐり大激突 IoTの覇者たちと戦うEU
[掲載紙] 週刊東洋経済(2016年9月17日号)
[対応者]情報通信総合研究所 研究員 生貝直人(研究員紹介)

「データの支配はネット上の空間のみならず、製造業や医療、交通、社会統治を含む現実世界の財やサービスすべてに死活的な影響を及ぼしうる」(プライパシーの問題に詳しい情報通信総合研究所の生貝直人研究員)

【執筆】IoTと製造業の深イイ関係(2):製造業のIoT化を加速させる安価な長距離無線ネットワークの可能性

吉岡佐和子の連載がMonoistに掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]IoTと製造業の深イイ関係(2):製造業のIoT化を加速させる安価な長距離無線ネットワークの可能性

[掲載サイト]Monoist(2016年9月14日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第2回は、製造業が製品をIoT化する上で役立つ、安価な長距離無線ネットワークとその採用事例を紹介する。

【執筆】IoT時代の在り方が問われ始めた通信事業者 LPWAを全方位展開する韓国SKテレコム

日経コミュニケーション2016年9月号に、以下の執筆記事が掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]IoT時代の在り方が問われ始めた通信事業者 LPWAを全方位展開する韓国SKテレコム(海外通信ウォッチ)
[掲載誌]日経コミュニケーション(2016年9月号)
[執筆者]情報通信総合研究所  副主任研究員 吉岡佐和子(研究員紹介)

弊社研究員の日経コミュニケーションへの寄稿も含む過去レポートが本になりました。

nccIOT

キャプションの入力

「成功するIoT」(日経コミュニケーション/編)
あらゆる分野に広がるIoTの実例を一挙に紹介!
最新のIoT通信サービス/技術を詳細に解説!

詳細はこちら

【コメント】3.3兆円の賭け、孫社長の目線の先にあるもの ソフトバンクが再び挑む主力事業の大転換

ソフトバンクに関する記事に、弊社上席主任研究員のコメントが掲載されました。

岸田重行上席主任研究員

[タイトル]3.3兆円の賭け、孫社長の目線の先にあるもの ソフトバンクが再び挑む主力事業の大転換
[メディア名]東洋経済ONLINE(2016年7月25日)
[講師]情報通信総合研究所 上席主任研究員 岸田重行(研究員紹介)

「情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員は「通信事業者の立場ではIoTのエコシステム(複数企業が有機的に結び付き共存共栄する仕組み)を左右するほどの存在感は出しにくい。IoTではスマホとはケタ違いの通信デバイスが使われるのは明らかで、半導体チップというデバイス領域に足場を持つのは合理性がある」と評価する。」