【執筆】LINE、フェイスブック、グーグルも参入、人口知能で進化 新たなプラットフォームになるチャットボット

日経コミュニケーション2016年11月号に、以下の執筆記事が掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]LINE、フェイスブック、グーグルも参入、人工知能で進化 新たなプラットフォームになるチャットボット
[掲載誌]日経コミュニケーション(2016年11月号)
[執筆者]情報通信総合研究所  副主任研究員 吉岡佐和子(研究員紹介)

広告

【コメント】LINE上場 市場期待

LINE上場に関する記事に、副弊社主任研究員のコメントが掲載されました。

佐藤仁

[タイトル]LINE上場 市場期待
[掲載媒体]毎日新聞(2016年7月14日)
[対応者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

情報通信総合研究所の佐藤仁副主任研究員は 「同社は生活インフラに入り込もうとしているが、認知度を上げて利益を上げるには時間がかかるのではないか。とりわけ海外にライバルが多く、彼らの背中は遠い」と課題を指摘した。

【コメント】LINEは7位!? 海外のメッセージアプリ事情

海外のメッセージアプリに関する記事に、弊社主任研究員のコメントが掲載されました。

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

[タイトル]LINEは7位!? 海外のメッセージアプリ事情
[掲載媒体]R25スマホ情報局(2016年3月12日)
[対応者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

【コメント】LINE 増収へ新事業 1.7億人利用生かす 代金決済や音楽配信

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

LINE新事業に関して、弊社副主任研究員のコメントが掲載されました。

[タイトル]LINE 増収へ新事業 1.7億人利用生かす 代金決済や音楽配信
[掲載紙]読売新聞(2014年10月10日朝刊)
[対応者]情報通信総合研究所 佐藤 仁

情報通信総合研究所の佐藤仁副主任研究員は「通話アプリだけではお金を稼げないので、いかに収益につながる仕組みを作れるかが課題になる。」と話している。読売新聞(2014年10月10日朝刊) より引用

寄稿「LINE」は持続的成長が可能か

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

「経済界」にレポートが掲載されました。

[タイトル]「LINE」は持続的成長が可能か
[掲載誌] 経済界(2014年10月21日号)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤仁