【執筆】新たな競争を生み出す「移動のサービス化」、5GはV2X通信の課題を解決するか

吉岡佐和子の連載がMonoistに掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]Mobile World Congress 2017レポート(後編):
新たな競争を生み出す「移動のサービス化」、5GはV2X通信の課題を解決するか

[掲載サイト]Monoist(2017年4月21日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

2020年を目標に商用化を目指す自動運転車と5G。両者への期待が相まって、自動車業界や通信業界の間でさまざまな「パートナーシップ」と「フラグメンテーション」が生まれている。「Mobile World Congress(MWC) 2017」レポートの後編では、「移動のサービス化」と「V2X通信」のエリアにおける動向を紹介する。

広告

【執筆】自動運転車と5Gがもたらす「パートナーシップ」と「フラグメンテーション」

吉岡佐和子の連載がMonoistに掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]Mobile World Congress 2017レポート(前編):
自動運転車と5Gがもたらす「パートナーシップ」と「フラグメンテーション」
[掲載サイト]Monoist(2017年3月21日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

2020年を目標に商用化を目指す自動運転車と5G。両者への期待が相まって、自動車業界や通信業界の間でさまざまな「パートナーシップ」と「フラグメンテーション」が生まれている。自動運転車と5Gが交錯した「Mobile World Congress(MWC) 2017」の展示を中心に、それらの動向を考察する。

【執筆】Mobile World Congress 2016 IoTへの期待の高まり

弊社のレポートが、CIAJ Journalに掲載されました。

三本松憲生主任研究員

三本松憲生主任研究員

[タイトル]Mobile World Congress 2016 IoTへの期待の高まり
(日本GE株式会社 新野昭夫氏 インタビュー)
[雑誌名] CIAJ Journal(2016年春)
[執筆者] 情報通信総合研究所 主任研究員 三本松憲生(研究員紹介)

【執筆】クルマは5Gのキラーアプリになり得るのか

吉岡佐和子の連載がMonoistに掲載されました。

吉岡佐和子 副主任研究員

[タイトル]クルマは5Gのキラーアプリになり得るのか
[掲載サイト]Monoist(2016年3月15日)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 吉岡佐和子

 


そのほかの連載記事タイトルはこちら