【執筆】T.モバイル買収かスプリント売却か

日経コミュニケーションに、以下の執筆記事が掲載されました。

佐藤仁

[タイトル]T.モバイル買収かスプリント売却か(海外通信ウォッチ)
[掲載誌]日経コミュニケーション(2017年3月号)
[執筆者]情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

広告

【執筆】ソフトバンク孫CEOのトランプ氏面会、狙いはT-モバイル買収かスプリント売却か?

以下、寄稿しました。

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

[タイトル]ソフトバンク孫CEOのトランプ氏面会、狙いはT-モバイル買収かスプリント売却か?
[掲載誌]日経ITpro(2017年1月20日)
[執筆者]情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介)

【執筆】不振から抜け出せない米スブリントの行方

佐藤仁

佐藤仁副主任研究員

ソフトバンクはスプリントをどうしたいのか。今後の見通しについて寄稿しました。

[タイトル]不振から抜け出せない米スブリントの行方(海外通信ウォッチ)
[雑誌名] 日経コミュニケーション (2015年9月号)
[執筆者] 情報通信総合研究所 副主任研究員 佐藤 仁(研究員紹介) 

【コメント】スプリントの新プランについてコメント

岸田重行上席主任研究員

岸田重行上席主任研究員

週刊東洋経済に弊社上席主任研究員のコメントが掲載されました。 [タイトル]「瀬戸際」スプリント 撤退阻止への白熱舞台裏 [掲載誌]週刊東洋経済(2014年11月15日号) [対応者]情報通信総合研究所 岸田重行 上席主任研究員

情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員はスプリントの新プランついて、「月額100ドル払う能力があるのはハイエンド層に限られる。それがスプリントに収斂するかどうかは疑問。プランに魅力があっても、売れなければモメンタムは変わらない」と指摘する。(週刊東洋経済 2014年11月15日号 P.47より引用)

ソフトバンクとの共同開発端末は、Sprintの救世主になるか?

日経BP ITproバナー

弊社が日経ITproへ寄稿している「情総研レポート」です。
新たに執筆記事が掲載されました。

2015年

2014年